08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Minerva2050 午後の愉しみ 記憶の記録   

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

映画「黄金を抱いて跳べ」井筒監督入魂の一作 

images黄金


高村薫の原作、こんなハードボイルド小説が女性作家に書けるか、高村薫は男だろう?と話題を呼んだデビュー作でした。

その映画化、井筒監督入魂の一作です。

キャスティングがいい、西田敏行さんのジイちゃん役をのぞいて。

モモ役のチャンミンが役得。

幸田役の妻夫木聡、北川役の浅野忠信、それぞれうまくなったなあと感心。

大阪裏社会描写の熱気はすごい、井筒さんの大阪撮りはさすがうまい。

どこかで見た絵作りだなあ、と思いだしていると、

そう、これは成瀬の絵だ、この人成瀬巳喜男の画面作りをよく勉強したんだ。という結論です。

ただ金庫破りになると少しトーンダウン。

セットがちゃちいのか、撮影の技術の問題か、とにかく地下金庫の重々しさが伝わってこない。

高村薫さん独特の物のリアリティが伝わってこないもどかしさ。


原作に忠実すぎるあまりにそれぞれのエピソードが細切れ状態で、

原作を読んでいない人には展開が分かりにくいのでは、とちょっと心配になります。

とにかく原作を読んで高村ワールドに入ってから観るとまたおもしろいはずです。

次回作は「リヴィエラを撃て」でお会いしたい。







「リヴィエラを撃て」

Category: 映画

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://teika21.blog.fc2.com/tb.php/518-e7fb85d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。