FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Minerva2050 午後の愉しみ 記憶の記録   

 

モンテーニュから王女マルゴへ 


王妃マルゴ [DVD]王妃マルゴ [DVD]
(2012/07/13)
イザベル・アジャーニ、ジャン=ユーグ・アングラード 他

商品詳細を見る


images.jpg

モンテーニュの「エセー」のなかでもっとも長く深刻な章は、第二巻第十二章の「レーモン・ド・ズボンの弁護」である。難解な神学論であるが、これが王女マルゴへ献呈された書簡であるとされている。ならばマルゴはデュマの小説王妃マルゴの主人公よりはるかに賢明な女性であったことになる。マルゴはモンテーニュを友人とも師とも呼んでいる。


サン・バルテルミの虐殺は、1572年8月24日、ナバール王とマルゴの結婚式直後、パリに集まっていたプロテスタント派をカトリック派が襲い、虐殺は地方にも及んで数万とも十万ともいわれる人が殺された。

時に宗教戦争に名を借りて権力者たちの恐怖からの諍いが悲劇が生む。(2012年シリアのイスラム教派の殺戮もサン・バルテルミの虐殺によく似ている。)

渦中の王妃マルゴはナバラ王アンリをカトリックに改宗させアンリ4世としてフランス王位に就けたのではないか、と思っている。

モンテーニュの書簡もさることながら、王妃マルゴの才女ぶりを再評価しなければなるまい。

ひるがえって今日、シリアにモンテーニュの書簡は届くのか、あるいは王妃マルゴはいるのか、

女性ジャーナリスト射殺の新聞報道を読んで考え込んだ。
スポンサーサイト



Category: 文学

tb 0 : cm 0   

「項羽と劉邦」の楽しみ(3) 

images項羽と劉邦2

BSフジで連日放送

「張良」という人がいます。

三国志での諸葛孔明の役割のような人ですが、孔明ほど知られていません。

秦に滅ぼされた韓の人。

「張良」が劉邦の参謀につくまで劉邦軍は一進一退でしたが、「張良」の策で見違えるように強くなります。

孔明と違うのは、劉邦亡き後呂后に仕え幸福な晩年であったことでしょう。

「張良」の活躍で有名なのは「鴻門の会」で間一髪、劉邦を助ける場面ですが、

ドラマではおそらく7月ころになるのではないでしょうか。

Category: 歴史

tb 0 : cm 0   

「項羽と劉邦」の楽しみ(3) 

images項羽と劉邦2

BSフジで連日放送

「張良」という人がいます。

三国志での諸葛孔明の役割のような人ですが、孔明ほど知られていません。

秦に滅ぼされた韓の人。

「張良」が劉邦の参謀につくまで劉邦軍は一進一退でしたが、「張良」の策で見違えるように強くなります。

孔明と違うのは、劉邦亡き後呂后に仕え幸福な晩年であったことでしょう。

「張良」の活躍で有名なのは「鴻門の会」で間一髪、劉邦を助ける場面ですが、

ドラマではおそらく7月ころになるのではないでしょうか。

Category: 歴史

tb 0 : cm 0   

「項羽と劉邦」の楽しみ(3) 

images項羽と劉邦2

BSフジで連日放送

「張良」という人がいます。

三国志での諸葛孔明の役割のような人ですが、孔明ほど知られていません。

秦に滅ぼされた韓の人。

「張良」が劉邦の参謀につくまで劉邦軍は一進一退でしたが、「張良」の策で見違えるように強くなります。

孔明と違うのは、劉邦亡き後呂后に仕え幸福な晩年であったことでしょう。

「張良」の活躍で有名なのは「鴻門の会」で間一髪、劉邦を助ける場面ですが、

ドラマではおそらく7月ころになるのではないでしょうか。

Category: 歴史

tb 0 : cm 0   

映画「奇跡のりんご」 


奇跡のリンゴ DVD(2枚組)奇跡のリンゴ DVD(2枚組)
(2013/12/20)
阿部サダヲ、菅野美穂 他

商品詳細を見る
以前NHKの特集番組で観たあのりんご農家のじいさんのセミドキュメンタリー映画でありました。

ラストで収穫した小さな「奇跡のりんご」食べたくなりますね。

自然農法農家にとって最大の課題は同じ集落の農家との折り合いであろうことは都会の人間にも理解できますが、

ほぼ現代にあって、電気のないランプ暮らし、食べる米さえない困窮な生活を、信念だけでよく続けられたものです。

その困難を家族が支えあって乗り越えるさまは壮絶の一語につきます、見てみないとわからないものです。

映画ですからこれでまだまだ抑えた表現なのでしょうが、事実はもっと悲惨なものだったのでしょう。

映画は、

原作が石川拓治『奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録』』

義父役の山崎勉がいいですね。

「これは戦争だ」と覚悟のほどを示します。

主人公は婿養子の立場ですから、義父の信頼と協力がなければ成功しなかったでしょう。

組合の会合で頭を下げます、田畑の半分を売りに出すことを了承します。

さて、わたしなら農家の跡取りとしてこんな婿養子を離縁せずに庇えるかどうか、考え込みますね。


【ストーリー】
1975年、青森県弘前。リンゴ農家の木村秋則は、妻・美栄子の身体を心配していた。
美栄子は年に十数回も散布する農薬の影響で皮膚がかぶれ、数日寝込むこともあったのだ。そんな妻を想い、秋則は無農薬によるリンゴ栽培を決意する。
しかし、それは“神の領域"といわれるほど“絶対不可能"な栽培方法。数えきれない失敗を重ね、周囲の反対にあい、妻や3人の娘たちも十分な食事にありつけない極貧の生活を強いられる日々。
それでも諦めなかった秋則は、11年にわたる想像を絶する苦闘と絶望の果てに常識を覆すある“真実"を発見する―。
【スタッフ】
監督:中村義洋 原作:石川拓治「奇跡のリンゴ」(幻冬舎文庫) 脚本:吉田実似 中村義洋 音楽:久石 譲
【出演】
阿部サダヲ 菅野美穂 / 池内博之 笹野高史 伊武雅刀 ・ 原田美枝子 / 山 努






Category: 映画

tb 0 : cm 0   

映画「奇跡のりんご」 


奇跡のリンゴ DVD(2枚組)奇跡のリンゴ DVD(2枚組)
(2013/12/20)
阿部サダヲ、菅野美穂 他

商品詳細を見る
以前NHKの特集番組で観たあのりんご農家のじいさんのセミドキュメンタリー映画でありました。

ラストで収穫した小さな「奇跡のりんご」食べたくなりますね。

自然農法農家にとって最大の課題は同じ集落の農家との折り合いであろうことは都会の人間にも理解できますが、

ほぼ現代にあって、電気のないランプ暮らし、食べる米さえない困窮な生活を、信念だけでよく続けられたものです。

その困難を家族が支えあって乗り越えるさまは壮絶の一語につきます、見てみないとわからないものです。

映画ですからこれでまだまだ抑えた表現なのでしょうが、事実はもっと悲惨なものだったのでしょう。

映画は、

原作が石川拓治『奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録』』

義父役の山崎勉がいいですね。

「これは戦争だ」と覚悟のほどを示します。

主人公は婿養子の立場ですから、義父の信頼と協力がなければ成功しなかったでしょう。

組合の会合で頭を下げます、田畑の半分を売りに出すことを了承します。

さて、わたしなら農家の跡取りとしてこんな婿養子を離縁せずに庇えるかどうか、考え込みますね。


【ストーリー】
1975年、青森県弘前。リンゴ農家の木村秋則は、妻・美栄子の身体を心配していた。
美栄子は年に十数回も散布する農薬の影響で皮膚がかぶれ、数日寝込むこともあったのだ。そんな妻を想い、秋則は無農薬によるリンゴ栽培を決意する。
しかし、それは“神の領域"といわれるほど“絶対不可能"な栽培方法。数えきれない失敗を重ね、周囲の反対にあい、妻や3人の娘たちも十分な食事にありつけない極貧の生活を強いられる日々。
それでも諦めなかった秋則は、11年にわたる想像を絶する苦闘と絶望の果てに常識を覆すある“真実"を発見する―。
【スタッフ】
監督:中村義洋 原作:石川拓治「奇跡のリンゴ」(幻冬舎文庫) 脚本:吉田実似 中村義洋 音楽:久石 譲
【出演】
阿部サダヲ 菅野美穂 / 池内博之 笹野高史 伊武雅刀 ・ 原田美枝子 / 山 努






Category: 映画

tb 0 : cm 0   

映画「奇跡のりんご」 


奇跡のリンゴ DVD(2枚組)奇跡のリンゴ DVD(2枚組)
(2013/12/20)
阿部サダヲ、菅野美穂 他

商品詳細を見る
以前NHKの特集番組で観たあのりんご農家のじいさんのセミドキュメンタリー映画でありました。

ラストで収穫した小さな「奇跡のりんご」食べたくなりますね。

自然農法農家にとって最大の課題は同じ集落の農家との折り合いであろうことは都会の人間にも理解できますが、

ほぼ現代にあって、電気のないランプ暮らし、食べる米さえない困窮な生活を、信念だけでよく続けられたものです。

その困難を家族が支えあって乗り越えるさまは壮絶の一語につきます、見てみないとわからないものです。

映画ですからこれでまだまだ抑えた表現なのでしょうが、事実はもっと悲惨なものだったのでしょう。

映画は、

原作が石川拓治『奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録』』

義父役の山崎勉がいいですね。

「これは戦争だ」と覚悟のほどを示します。

主人公は婿養子の立場ですから、義父の信頼と協力がなければ成功しなかったでしょう。

組合の会合で頭を下げます、田畑の半分を売りに出すことを了承します。

さて、わたしなら農家の跡取りとしてこんな婿養子を離縁せずに庇えるかどうか、考え込みますね。


【ストーリー】
1975年、青森県弘前。リンゴ農家の木村秋則は、妻・美栄子の身体を心配していた。
美栄子は年に十数回も散布する農薬の影響で皮膚がかぶれ、数日寝込むこともあったのだ。そんな妻を想い、秋則は無農薬によるリンゴ栽培を決意する。
しかし、それは“神の領域"といわれるほど“絶対不可能"な栽培方法。数えきれない失敗を重ね、周囲の反対にあい、妻や3人の娘たちも十分な食事にありつけない極貧の生活を強いられる日々。
それでも諦めなかった秋則は、11年にわたる想像を絶する苦闘と絶望の果てに常識を覆すある“真実"を発見する―。
【スタッフ】
監督:中村義洋 原作:石川拓治「奇跡のリンゴ」(幻冬舎文庫) 脚本:吉田実似 中村義洋 音楽:久石 譲
【出演】
阿部サダヲ 菅野美穂 / 池内博之 笹野高史 伊武雅刀 ・ 原田美枝子 / 山 努






Category: 映画

tb 0 : cm 0   

「重蔵始末」逢坂剛 


重蔵始末 (講談社文庫)重蔵始末 (講談社文庫)
(2004/07/15)
逢坂 剛

商品詳細を見る

テレビドラマ「MOZU」シリーズでブレイクした逢坂剛さん、再び百舌シリーズが売れている。

原作はおもしろいが、なにせ30年前のハードボイルド小説。

ヒットは脚本、監督の羽住英一郎さん、出演の西島秀俊さん、香川照之さん、真木よう子さんらの情熱に負うところが多いでしょう。

羽住さんの絵作りは特殊なフィルターを使うのか、ザラッとした暗い画面が多い。

映画でいう「銀残し」のテレビ版というところでしょうか。


しかし逢坂剛の傑作といえば「重蔵始末」シリーズ。

藤沢周平、池波正太郎に続く時代小説家として名乗り出た。

親子鷹。

言うまでもなく時代小説の挿絵画家「中一弥さん」の三男。

父親に挿絵を頼むとなれば、おのずと力がはいったでしょう。

中一弥さんからすれば息子の小説の挿絵、感無量だったでしょう。

思い入れはともかく、読者からすると「重蔵始末」シリーズ、はじめは時代小説としての立ち上がりいまひとつ乗れないところがありましたが、シリーズが進むにつれて興に乗るという感じ。

「おもしろくなければ小説ではない」が持論の著者、
「オール読み物」「小説現代」などの時代小説挿絵家の息子の面目躍如です。

内容(「BOOK」データベースより)
火盗改・近藤重蔵、二十一歳。強者揃いの御先手鉄砲組でも際立つ偉丈夫。傍若無人の言動で毀誉褒貶半ばする。ロシアの謎の大男、美女のかたき討ち、茶屋の狂歌殺人事件…。寛政の世を揺るがす怪事件を型破りの手法で重蔵が解く。後に北方探険家として名を馳せた奇才を主人公に描く、著者初の本格時代小説。


Category: 文学

tb 0 : cm 0   

「重蔵始末」逢坂剛 


重蔵始末 (講談社文庫)重蔵始末 (講談社文庫)
(2004/07/15)
逢坂 剛

商品詳細を見る

テレビドラマ「MOZU」シリーズでブレイクした逢坂剛さん、再び百舌シリーズが売れている。

原作はおもしろいが、なにせ30年前のハードボイルド小説。

ヒットは脚本、監督の羽住英一郎さん、出演の西島秀俊さん、香川照之さん、真木よう子さんらの情熱に負うところが多いでしょう。

羽住さんの絵作りは特殊なフィルターを使うのか、ザラッとした暗い画面が多い。

映画でいう「銀残し」のテレビ版というところでしょうか。


しかし逢坂剛の傑作といえば「重蔵始末」シリーズ。

藤沢周平、池波正太郎に続く時代小説家として名乗り出た。

親子鷹。

言うまでもなく時代小説の挿絵画家「中一弥さん」の三男。

父親に挿絵を頼むとなれば、おのずと力がはいったでしょう。

中一弥さんからすれば息子の小説の挿絵、感無量だったでしょう。

思い入れはともかく、読者からすると「重蔵始末」シリーズ、はじめは時代小説としての立ち上がりいまひとつ乗れないところがありましたが、シリーズが進むにつれて興に乗るという感じ。

「おもしろくなければ小説ではない」が持論の著者、
「オール読み物」「小説現代」などの時代小説挿絵家の息子の面目躍如です。

内容(「BOOK」データベースより)
火盗改・近藤重蔵、二十一歳。強者揃いの御先手鉄砲組でも際立つ偉丈夫。傍若無人の言動で毀誉褒貶半ばする。ロシアの謎の大男、美女のかたき討ち、茶屋の狂歌殺人事件…。寛政の世を揺るがす怪事件を型破りの手法で重蔵が解く。後に北方探険家として名を馳せた奇才を主人公に描く、著者初の本格時代小説。


Category: 文学

tb 0 : cm 0   

「重蔵始末」逢坂剛 


重蔵始末 (講談社文庫)重蔵始末 (講談社文庫)
(2004/07/15)
逢坂 剛

商品詳細を見る

テレビドラマ「MOZU」シリーズでブレイクした逢坂剛さん、再び百舌シリーズが売れている。

原作はおもしろいが、なにせ30年前のハードボイルド小説。

ヒットは脚本、監督の羽住英一郎さん、出演の西島秀俊さん、香川照之さん、真木よう子さんらの情熱に負うところが多いでしょう。

羽住さんの絵作りは特殊なフィルターを使うのか、ザラッとした暗い画面が多い。

映画でいう「銀残し」のテレビ版というところでしょうか。


しかし逢坂剛の傑作といえば「重蔵始末」シリーズ。

藤沢周平、池波正太郎に続く時代小説家として名乗り出た。

親子鷹。

言うまでもなく時代小説の挿絵画家「中一弥さん」の三男。

父親に挿絵を頼むとなれば、おのずと力がはいったでしょう。

中一弥さんからすれば息子の小説の挿絵、感無量だったでしょう。

思い入れはともかく、読者からすると「重蔵始末」シリーズ、はじめは時代小説としての立ち上がりいまひとつ乗れないところがありましたが、シリーズが進むにつれて興に乗るという感じ。

「おもしろくなければ小説ではない」が持論の著者、
「オール読み物」「小説現代」などの時代小説挿絵家の息子の面目躍如です。

内容(「BOOK」データベースより)
火盗改・近藤重蔵、二十一歳。強者揃いの御先手鉄砲組でも際立つ偉丈夫。傍若無人の言動で毀誉褒貶半ばする。ロシアの謎の大男、美女のかたき討ち、茶屋の狂歌殺人事件…。寛政の世を揺るがす怪事件を型破りの手法で重蔵が解く。後に北方探険家として名を馳せた奇才を主人公に描く、著者初の本格時代小説。


Category: 文学

tb 0 : cm 0   

BSフジ「項羽と劉邦」の楽しみ(4)蕭何(しょうか) 

ショウカ


BSフジで連日放送中

はじめ蕭何(しょうか)は今で言えば県の課長クラス。

真面目な役人が「やっかいな男」に関わったばっかりに人生をめちゃくちゃにされたという話(いい意味で)。

とにかく蕭何は乱暴者の劉邦の面倒をよくみている、それもしかたなく。

劉邦が反乱軍の頭目になったときも、劉邦を助けている、それもしかたなく。

蕭何は劉邦に比べれば県の課長ですからインテリです。

それでたのまれて劉邦の参謀に、それもしかたなく、

なんで俺がこんなやくざのような男に仕えなければならないの?と矛盾を感じたと思います。

人の運命とはわからいもの、それからあれよあれよいうまに劉邦は勝ち進み、蕭何も出世していきました。

蕭何のもっとも大きな働きは、劉邦が帝位についたとき膨大な国政のすべてを仕切ったことでしょう。

そこは元役人ゆえの官僚の習性。

劉邦の周りには得意技を異にする変わり者が多くいたのです。

項羽と劉邦の違いはそこでしょう、歴史にイフは有り得ませんが、

やはり項羽には惜敗する運命だったのでしょう。


劉邦亡き後、呂后により劉邦の部下は悲惨を極めますが、

蕭何は恵帝に看取られ、張良は呂后に信頼され、ただこのふたりだけが幸福な最後でした。

物語は劉邦が漢の高祖になるまででしょうが、

中国の人は当然呂后の悪政を知っているのでしょう。












Category: 歴史

tb 0 : cm 0   

BSフジ「項羽と劉邦」の楽しみ(4)蕭何(しょうか) 

ショウカ


BSフジで連日放送中

はじめ蕭何(しょうか)は今で言えば県の課長クラス。

真面目な役人が「やっかいな男」に関わったばっかりに人生をめちゃくちゃにされたという話(いい意味で)。

とにかく蕭何は乱暴者の劉邦の面倒をよくみている、それもしかたなく。

劉邦が反乱軍の頭目になったときも、劉邦を助けている、それもしかたなく。

蕭何は劉邦に比べれば県の課長ですからインテリです。

それでたのまれて劉邦の参謀に、それもしかたなく、

なんで俺がこんなやくざのような男に仕えなければならないの?と矛盾を感じたと思います。

人の運命とはわからいもの、それからあれよあれよいうまに劉邦は勝ち進み、蕭何も出世していきました。

蕭何のもっとも大きな働きは、劉邦が帝位についたとき膨大な国政のすべてを仕切ったことでしょう。

そこは元役人ゆえの官僚の習性。

劉邦の周りには得意技を異にする変わり者が多くいたのです。

項羽と劉邦の違いはそこでしょう、歴史にイフは有り得ませんが、

やはり項羽には惜敗する運命だったのでしょう。


劉邦亡き後、呂后により劉邦の部下は悲惨を極めますが、

蕭何は恵帝に看取られ、張良は呂后に信頼され、ただこのふたりだけが幸福な最後でした。

物語は劉邦が漢の高祖になるまででしょうが、

中国の人は当然呂后の悪政を知っているのでしょう。












Category: 歴史

tb 0 : cm 0   

BSフジ「項羽と劉邦」の楽しみ(4)蕭何(しょうか) 

ショウカ


BSフジで連日放送中

はじめ蕭何(しょうか)は今で言えば県の課長クラス。

真面目な役人が「やっかいな男」に関わったばっかりに人生をめちゃくちゃにされたという話(いい意味で)。

とにかく蕭何は乱暴者の劉邦の面倒をよくみている、それもしかたなく。

劉邦が反乱軍の頭目になったときも、劉邦を助けている、それもしかたなく。

蕭何は劉邦に比べれば県の課長ですからインテリです。

それでたのまれて劉邦の参謀に、それもしかたなく、

なんで俺がこんなやくざのような男に仕えなければならないの?と矛盾を感じたと思います。

人の運命とはわからいもの、それからあれよあれよいうまに劉邦は勝ち進み、蕭何も出世していきました。

蕭何のもっとも大きな働きは、劉邦が帝位についたとき膨大な国政のすべてを仕切ったことでしょう。

そこは元役人ゆえの官僚の習性。

劉邦の周りには得意技を異にする変わり者が多くいたのです。

項羽と劉邦の違いはそこでしょう、歴史にイフは有り得ませんが、

やはり項羽には惜敗する運命だったのでしょう。


劉邦亡き後、呂后により劉邦の部下は悲惨を極めますが、

蕭何は恵帝に看取られ、張良は呂后に信頼され、ただこのふたりだけが幸福な最後でした。

物語は劉邦が漢の高祖になるまででしょうが、

中国の人は当然呂后の悪政を知っているのでしょう。












Category: 歴史

tb 0 : cm 0   

映画「キツツキと雨」 


キツツキと雨 通常版 [DVD]キツツキと雨 通常版 [DVD]
(2012/07/20)
役所広司、小栗旬 他

商品詳細を見る

まず映画館で1800円なりのチケットでご覧になった人は「時間と金返せ」と思ったでしょう。

でもどうも気になる、とレンタルビデオを借りて二度観た人は結構面白いと思ったでしょう。

テレビ放送でまだやってんの、と三度観た人は、傑作だ、と思うでしょう。

さらに確認のため四度観た人は監督沖田修一は天才だと思うでしょう。


沖田監督デビュー2作目。

どうしてこうもぬるい映画を作るのか、そのあつかましさと自信にあきれてしまいます。

だいたい「「キツツキと雨」という題名がよくない、とてもヒットする映画タイトルではありません。

脚本も問題でしょう、日本の農村にゾンビが出現する映画なんて。

そのばかばかしさを本気で撮るからおもしろくなる、という論法。


こんな脚本に、名優がゾロゾロ、役所広司、小栗旬、平田満、伊武雅刀、そして山崎努。

とくに山崎努がいい、わずか数分の演技で、出ずっぱりの役所広司をくってしまう。

大物俳優役の山崎努が酒場に若ぞー監督を呼びつけて因縁をつけるのかと思いきや、

「次も使ってください」と頭を下げる。

まるで沖田監督の才能に敬意を示す山崎努の本音のよう、若ぞー監督小栗旬がおいおいと泣き出す、いいシーンです。

沖田監督の食べ物へのこだわりは「南極食堂」でよ~くわかっていますが、

今回は「味付け海苔」、こんなペロペロ海苔がなんの役に立つの、といいたいがあの「味付け海苔」忘れられない。

いいかげんのようで、精緻に仕上がっている映像。

さらに・・・と言いたいが、

それは五度目を観てからにしよう。

Category: 映画

tb 0 : cm 0   

ヴィスコンティの美学「イノセント」 

                  
イノセント 無修正版 デジタル・ニューマスター [DVD]イノセント 無修正版 デジタル・ニューマスター [DVD]
(2006/09/22)
ジャンカルロ・ジャンニーニ、ラウラ・アントネッリ 他

商品詳細を見る


極上のスィーツを時間をかけてゆっくり味わう、そんな楽しみである。

イタリア映画最高の美しい絵をハイビジョン映像で家庭で観られるのは幸せなことである。

とはいえヴィスコンティやタルコフスキーのブルーレイ作品はツタヤでも見かけないし、買おうと思えばずいぶん高い値段がついている。

「イノセント」はほぼ30年ぶりに出会った。

記憶よりずっと美しかった。

話は源氏物語の柏木,若菜に似ている、さすがに源氏では嬰児殺しはないが、主人公の苦悩は同じものである。

「いかばかり恋てふ山の深ければ
            入りぬる人まどふらん」 古今六帖「恋の山路」
                        源氏物語 若菜(下)



谷崎潤一郎は光源氏にまったく共感できない、といったがイノセントの評判がいまひとつ良くないのも同じ理由であろう。

しかし中世から続くイタリア貴族の末裔にしか出来ない画作りを堪能した。

傑作である。

Category: 映画

tb 0 : cm 0   

映画「舟を編む」松田龍平の名演技でみせる 


舟を編む 通常版 [DVD]舟を編む 通常版 [DVD]
(2013/11/08)
松田龍平、宮崎あおい 他

商品詳細を見る

映画になりにくい原作を納得させている最大の要因はいうまでもなく松田龍平の名演技。

出版社にはいそうで決していないキャラ。


あの演技のカリスマスター松田優作の長男、徹底振りは親父に似ている。

映画の中ほどで鴨居にひたいをぶつけるシーンがあるが、あれは痛い。

おそらく本当にぶつかってるんだろうけど、いたそー。

脇をしめる役者ぞろい、それぞれの名演技に感動するが、

とくに老学者加藤剛の体を張った演技がいい。

あまり演技派と呼ばれることのないスターだが、

癌におかされて死の床に着くまでを、少しずつやせ衰えてみせる。

あれは覚悟の演技だろう。


Category: 映画

tb 0 : cm 0   

BSフジで放送開始の連続ドラマ「項羽と劉邦」の楽しみ(2) 

images項羽と劉邦


BSフジで放送開始の連続ドラマ

「項羽と劉邦」その第3回、4回を観ました。

お話は劉邦と呂姫の結婚の経緯と始皇帝による焚書坑儒についてです。

この2回には項羽は出てきません。

中国の人は「項羽と劉邦」の話をどの程度常識としてを知っているのかわかりませんが、

日本では頼朝と政子の結婚の経緯については「平家物語」の常識です。

今回のドラマでは劉邦と呂妃の結婚の経緯を、劉邦が呂姫をみそめるという話になっています。

史書では呂姫の父親が劉邦の人相を観て呂姫を嫁がした、ということです。

劉邦(漢の高祖)亡き後、呂一族が権力を奪う、という史実は北条政子の場合によく似ています。

その意味で呂姫との結婚はとても大切な場面なのですがサッと通り過ぎてしまいました。


始皇帝による焚書坑儒の前に「封建制」か「郡県制」かの議論に淳于越を登場させ、その議論が思想弾圧に進んでいく過程は、史記巻六の「秦始皇本紀」によります。秦の絶頂期であり崩壊のはじまりでもあります。

次回が楽しみです。


Category: 歴史

tb 0 : cm 0   

BSフジ傑作ドラマ「項羽と劉邦」の楽しみ 

項羽と劉邦2
WOWOWHPから


BSフジで放送開始の連続ドラマ

中国ドラマ「項羽と劉邦」第一回、二回を観ました。

金と手間ひまをかけた傑作ドラマのような気がします。

かつて司馬遼太郎のドラマもあったように記憶しますが、どうも和製中国劇は成功していません。

今回のドラマでは時代考証はどの程度正確なのか、甲冑など首をかしげるところもありますが、兵馬俑の発見で温椋車など実際のものに近いのではないでしょうか。

秦を滅ぼした悪だくみの宦官「趙高」参謀「李斯」が前半の影の主役でしょうがそれらしい雰囲気の配役で期待できます。

歴史上の英雄が行幸中に死ぬというのは始皇帝のほかアレキサンダー大王、カール大帝とあり、不思議な気がしますが、ドラマのなかで始皇帝が、

「咸陽では眠れない、車の中だとよく眠れるのだ」

といっているのは、野にあって安心できる英雄たちの真実に近いかもしれません。



Category: 歴史

tb 0 : cm 0   

「MOZU百舌」と「ロンググッドバイ」喫煙シーン解禁か? 

mozu1.jpg

この春、ハードボイルドドラマの秀作が立て続けに登場してテレビドラマファンのおじさんたちを喜ばしてくれる。

TBSの「MOZU百舌」とNHK「ロンググッドバイ」である。

両作品とも話題の原作をうまく読み込んで脚色、俳優やカスタムデザインも選びに選んでの力作である。

いままでのテレビドラマのワクを越えて秀逸な出来栄えである。

気になるのは両作品ともやたらとタバコを吸う場面が多いし、またその格好がいい。

最近のアメリカ映画やドラマでもやはり多くなっている。

宮崎駿のアニメ「風たちぬ」では喫煙シーンが多いとのクレームがあったらしいが、これらドラマではどうなのか。

おそらく訴訟ごとにはならないだろうとの判断と、そこまでとやかく言うことはないだろうという時代の空気がゴーサインを出したのだろう。

受動喫煙は迷惑な話だが、注意書きをいやほど読んだのち、それでも当人が喫煙するのは別段どうということはない。

国からすれば税収はあがるし、死亡率が高ければ医療2050年問題の一助ともなる。

「MOZU百舌」と「ロンググッドバイ」喫煙シーン解禁の先鞭となるのか、視聴者の反応が楽しみである。





Category: 映画

tb 0 : cm 0   

空海と最澄 


空海の夢空海の夢
(2005/12/30)
松岡 正剛

商品詳細を見る

平安時代、空海と最澄という二人の秀才がほぼ同じ時期に登場したのは歴史の不思議である。

日本における仏教の哲学的思惟はこの二人に極まる。

延暦二十三年(804)同じ遣唐使船団に,最澄は「還学生」空海は「留学生」という仏教修学の徒として中国へ渡っている。

二人の青年のこころざしもよく似ている。

最澄は二十歳のとき「願文」を書いている。「無所得を以って方便となし、無上第一義のために金剛不壊不退の心願を発す」

いっぽう空海は二十四歳で有名な「三教指帰」を著している。

帰国後の二人の活躍は、最澄が「天台宗」を開き、空海が「真言宗」を開いたのは周知のとおりである。

あえて二人を分ければ、最澄は稀代の秀才、空海は空前絶後の天才ということになろう。

最澄は秀才の名にたがわず比叡山を仏教の総本山とするべく「円蜜一致」のシステム化に取り組んだのであるが、繊細さゆえ晩年は徳一との教義論争にノイローゼ気味となっている。現代でいえば株主総会で総会屋にすごまれてあわてるまじめすぎる社長の姿を連想するといい。

いっぽう空海はいわば新進気鋭の天才実業家といういでたちである。

平安時代のスティーブジョブスというところ、プレゼンの天才であった。ときのインテリ嵯峨天皇をとりこにしてしまう。

ふたりは立場の違いから一見けんか別れしたようにみえるが、同じ志を持つ秀才と天才同士、こころの奥ではおそらく通じ合っていたはずである。


さて、

宗教と哲学、これほど似て非なるものはないだろう。

信仰とはいわしの頭であれなんであれまずは「信じる」ことである。いっぽう哲学とはとにかく「疑う」ことである。

あなたの人生にとってどちらが幸福かといえば宗教の信仰心に軍配が上がる。信仰による安寧は長く、死をおそれない。

哲学徒は猜疑心のかたまりである。多くの哲学者はこの世を憂いまずその死を受け入れられない、厭世的でペシミストである。

逆に宗教と哲学がいかに近しいかはその歴史を覗けばよくわかる。

一般に哲学の発生を紀元前5世紀ころのギリシャに求めるが、ちなみに釈迦は紀元前463年の生まれである、以降インドでは仏教研究が熱心に行われ5世紀ごろに沸点となる。

16世紀、デカルトが「われ思うゆえにわれあり」と近代哲学の扉を開くが、すでにインドでは5世紀には「唯識」についての論議がさかんにおこなわれている、カント顔負けである。

現代人が宗教に眉をひそめるのは「宗教」が語る来世思想であろう。

だれも見たことのない死後世界を天国といい極楽といい、見て来たような楽園説法に笑ってしまうからだ。

わたしは、あの世があればキリスト教、イスラム教、仏教、ユダヤ教、新興宗教まで入り乱れて現世よりはるかに喧騒な社会となっているであろうと思ってしまう。

「あの世のことはわからない」と言った正直者の宗教家は、知る限り「道元」ただひとりである

もし現代のこの科学信仰絶対のパラダイム転換が起こりうるとすれば、多くの物理学者が予言している物理学における五次元世界の発見であろう。

ニーチェの永劫回帰説もその予言なのだと言われれば納得する。












Category: 哲学

tb 0 : cm 0   

ビッグデータは宝の山か、ごみの山か 


ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変えるビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える
(2013/05/21)
ビクター・マイヤー=ショーンベルガー、ケネス・クキエ 他

商品詳細を見る


グーグルの検索エンジン利用によるビッグデータはテラバイト、ゼタバイトをはるかに超えてヨタバイト(10の24乗)世界らしい。

まずはその想像を絶する「巨大な記憶容量」におどろく。テキストデータ、音声データならいざしらず、昨今の映像データとなるといったいどんな記憶装置が必要なのか、存在するのか。

さらにそのビッグデータに瞬時にアクセスできるシステムもおそれいる。
たしかグーグルは当初から検索時間の速さ、「スピード」表示を売りにしてきた。
リアルタイム「スピード」が命であると。

では、本人させ知らないゴミのようなデータをビジネスに使い込む技術はどうなっているのだ。
利用者はいいかげんなものだ、いい加減に検索するし、間違いもしょっちゅうしているはず。
つまりゴミの山から宝をふるいにかける作業が行われているはずだ。

結局他社はこの気の遠くなるようなシステム開発に追従できずあきらめ撤退をよぎなくされ、グーグルの一人勝ちとなってしまった。
膨大な投下資本と回収できる利益が見合うのか、経営者の信念、世界観によるのだろう。

成功者はグーグル、アマゾン、くらい。

もちろんビッグデータ世界はここだけではないが、

「容量」「スピード」そして何より「ゴミの山から宝を探せる技術」の開発が必要ということだろう。

どうもむかし、リヤカーを引いて廃品回収にいそしんでいた影のおっさん社会に似ている。




Category: 科学

tb 0 : cm 0