10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Minerva2050 午後の愉しみ 記憶の記録   

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

楊令伝(9) 楊令伝というより童貫伝 

9楊令伝




童貫は宦官ではありながら禁軍の将軍に登りつめるという特異な経歴の持ち主。


作者は童貫への思い入れが強いのでしょう、前半の方臘の乱平定から、楊令との戦まで童貫を美しく描き切っています。

思い起こせば大水滸伝は「水滸伝」19巻、「楊令伝」15巻、岳飛伝」17巻、全51巻の大河小説、楊令伝〈9〉遥光の章はほぼ真ん中、前半のクライマックスです。意図的なのか、偶然なのか、いずれにしても恐るべき筆力に脱帽です。


史実とはまたひと味違った北方水滸伝、手に汗握る緊迫の第9巻でした。
スポンサーサイト

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

EU離脱を考える「ヘーゲルから考える私たちの居場所」山内廣隆 

ヘーゲルから考える私たちの居場所


「ヘーゲルのカント的国家連合批判」

2016年6月24日この書評を書いている。
おりしも今日、イギリス国民がEU離脱を選択した歴史的な日となった。 
                           
.イギリス国民がEU離脱を選択した理由は総じていえば「主権」の回復を求めたということであろう。

 それはまさしく本書でヘーゲルのいうところの「自立した国家こそ『地上での絶対的威力』であり、国家同士の関係は基本的には排除関係である」に当たる。

経済的理由から国民は残留を選択すると信じていたキャメロン首相は国民の意志を完全に読み違え辞任に追い込まれた。

「国の自立性において、現実的精神である自独存在は現に存在するものとなっているのであるから、このように自立していることが国民第一の自由であり、最高の栄誉である」は勝利した「離脱派」の言葉とさえ思われておもしろい。
                
.カントの提唱する平和的国際体制、諸国家の連合は理想であるが、ヘーゲルは「総じてつねに特殊な主権的意志に基づいており、それゆえ偶然性にとりつかれている」と批判する。そこにはヘーゲルのきびしい人間観察、歴史認識が見てとれる。           

.しかし本書の結論は、ルートヴィッヒ・ジープの
「ヘーゲルの歴史哲学をすべて採用することはできない。とくにわれわれは、理性と自由の必然的進歩というヘーゲルの理論に対しては懐疑的になっている」を引用し、曖昧で日和見的見解で終えているのは残念である。

EU加盟国が自国の主権を回復できないと判断すれば、イギリスに次いでEU離脱のドミノ化が現実のものとなろう。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

「ナイトマネージャー」BBCドラマ化への期待 

ル・カレのスパイ小説、『ナイト・マネジャー』がBBCでドラマ化されるらしい。

ナイトマネージャー


巨匠ル・カレの作品の多くは最高のスタッフ、俳優で映画化されそれぞれ傑作と評判は高い。
寒い国から帰ったスパイ(1965年)
ロシア・ハウス(1990年)
テイラー・オブ・パナマ(2001年)
ナイロビの蜂(2005年)
裏切りのサーカス(2011年)

しかしそれでも、どの映画もル・カレ小説の濃密かつ気品のある文章世界が表現できているとはいえない。

ル・カレファンの高望みなのだろうが、とても映画2時間半という制限の中で実現できるはずがなかったのである。

さいわい今回、BBCのドラマ『ナイト・マネジャー』は6話構成、物語もル・カレ小説のなかではシンプル。

映画化された過去の作品以上にル・カレの世界が描かれるのではないかとおおいに期待している。





スイスの名門ホテルのナイト・マネジャーであるジョナサンは、吹雪の夜に訪れた武器商人のローパー一行を見て、忘れ難い過去を思い出した。ローパーこそ、彼が愛した女性を死に追いやる元凶となった男だったのだ。やがて、イギリスの情報部から独立した新エージェンシーがジョナサンの存在を知り、ローパーの武器取引の証拠を握るべく彼をリクルートした。ジョナサンは復讐に燃える! 巨匠が現代の巨悪を描破する傑作。

 The Hollywood Reporterによると、『ナイト・マネジャー』ドラマ化を手掛けるのは、映画『誰よりも狙われた男』を製作したインク・ファクトリー。『ハンナ』のデヴィッド・ファーが脚本を担当する。リミテッド・シリーズとのことだが、実際に何話構成になるのか、詳細は不明。シリーズはBBCとの連携で製作され、イギリス側では同局での放送が決まっているとのことだが、アメリカ側の放送局は決まっていないという。

 カレが1993年に発表した『ナイト・マネジャー』は、ホテルのナイト・マネジャーとなった元兵士ジョナサン・パイクが主人公。パイクと、彼の愛する女性を死に追いやった武器商人ローバーとの戦いを描く。Entertainment Weeklyでは、トムがパイク、ヒューがローバーを演じると伝えている。原作にはパイクの相手役となる女性ソフィーが登場するが、他のキャストや監督を誰が務めるかなどは不明だ。

 イギリスの人気俳優2人がテレビドラマで火花を飛ばす。なんとも豪華な顔合わせだが、日本でのリリースも期待したいところだ。

 カレの作品はこれまでも、日本では10月17日に公開予定の『誰よりも狙われた男』や『裏切りのサーカス』(小説のタイトルは『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』)、『ナイロビの蜂』など、多くの作品が映画化されている。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

「ソウルケイジ」姫川玲子シリーズ第2弾 


ソウルケイジソウルケイジ
(2007/03/20)
誉田 哲也

商品詳細を見る


タイトルからあわや韓国がらみの国際事件かと思いきや、

スティングのアルバム「The Soul Cages」から来ているらしい。

古いなあ、スティングならだいたいアルバムを持っているはず、と倉庫をあさると、

あったけど、なんとカセットテープ。

当時はレンタルCDをテープへ落としていたんだ、懐かしい。



それはともかく、事件はおぞましいバラバラ死体遺棄事件からはじまる。

警視庁捜査第一課殺人班十係出動。

今回は姫川班と日下班の確執が伏線となっている。

ガンテツこと勝俣刑事は出てこない、シリーズ作家はこの大事なキャラを隠してしまった。

どこかでドガンと使うつもりだろう。

武田鉄矢のあのいやみなキャラは主演級だ。

準主役は日下ちょっと泣かせる、いっき読みさせらる誉田さんの手腕に脱帽。



Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

「良心の美術館」泉美術館(3) ある風景のはなし展 

izumi.jpg


ここではロラン・バルトのこんな言葉がふさわしいでしょう。


「あらゆるイメージは多義的である。

それはそのシニフィアンの下方にあってシニフィエという《揺れ動く鎖》を内包しており、

イメージを読み取る者がそのうちのあるものを選び他のものには無知であっても差しつかえない。

多義性は意味に対する疑問を招来する。」    イメージの修辞学

 


ある風景のはなし


「ある風景のはなし

人にはそれぞれ忘れられない風景がある。

時にそれは、人生を左右する重要な場面であったり、

反対に大した意味もない日常的な場面であったりする。

そしてその記憶の源泉は実際の体験によるものだけでなく、

写真や映像、更には空想や夢の場面が、

忘れられない風景として私達の脳裏に焼き付き存在し続ける。

                    伊東敏光」



と、伊東敏光、クリス・パウェル、長岡朋恵さんの三人展は始まる。


クリス・パウェル


まずは、クリス・パウェルさんの陶器のオブジェ。

無機質で怜悧なはずの陶板をユーモアと物語性でやさしく柔らかな作品に仕上げている。

陶器に縁の深い日本人には思いつかない世界である。

とくに「子羊と丘」「丘の間の潜水艦」の完成度が高い、

十倍の大きさに焼き上げればニューヨークのMOMA美術館のロビーにこそふさわしい。


恵長岡朋



一方、長岡朋恵さんの作品は、記憶の忠実な発露か、あるいは巫女さんの宣旨なのだろうか。

深く暗い海馬の底、かすかにともる明かりを「いま、ここに」運んで、観る者の六感を照らす。

「トンチキの眠る山」や「結局、餅が降る」にはゾクゾクする。




http://junichichiba.sblo.jp/article/69627401.html




さて、泉美術館のメインロビーを圧する巨大なジェット機、

そして向かう彼方にはダラスの街並み。

では地上は熱波のテキサス沙漠か。

伊東敏光さんの現代彫刻。

「これはAA60ではありません、廃材です」

「いえ、これは廃材ではありません、AA60です」

   * * *

「あの街はダラスですか?」

「いえ、あの街はニューヨークです」

「ではこれはAA60ではありません、UNITED93です」

   * * *

「ここはテキサスですか?」

「いえ、ここはヒロシマです」

「ではこれはAA60ではありません、ENOLA GAYです」

   * * * 

わたしの「ある風景のはなし」であり、《揺れ動く鎖》である 


このレビューのため泉美術館HP等画像シェアしています、著作権等でご意見ありましたらご連絡ください。





                    
「良心の美術館」泉美術館にて

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

映画「ミュンヘン」モサドについて考える 

ミュンヘン


数あるスティーヴン・スピルバーグ監督の作品のなか最高傑作と呼んでいい。

物語は1972年のミュンヘンオリンピック事件と、その後のイスラエル諜報特務庁(モサッド)による黒い九月に対する報復作戦を描く。ジョージ・ジョナスによるノンフィクション小説『標的(ターゲット)は11人 モサド暗殺チームの記録』が原作。シリアスな物語ゆえに物議がたえないが、ミステリー映画の秀作。

黒澤明の「天国と地獄」を彷彿とさせる名シーンが多いのは、スピルバーグ監督が黒澤の映画技術をよく学習しているからだろう。

なによりアヴナー役のエリック・バナの演技がすごい。

はじめ、こんなひ弱な青年が暗殺グループのリーダーに、と思うが、

ラストでは狂気の殺戮者に変貌している。

スピルバーグが、「暗殺に手を染めていくことで精神的に病んでいく主人公達の苦悩を描きたかった」と語っているようにその演出はすざまじいものであったろうし、エリック・バナはよく答えている。

ちょうど「オデッサファイル」を読み「ペイドバック」を観た時期であり、イスラエルのモサドを知ることが多かった。


ユダヤ人のナチ残党狩り組織がいつのまにかアラブ狩り組織に変容している。

ユダヤ人が持つ強迫観念と復讐心は歴史上の不条理でなにびとも説明できない。


「これは合法ですよね」

と念を押すメイア首相にだれも答えられない。

ラスト、2005年映画製作時にはもはや存在しないはずの貿易センタービルがあらわれるのは、

止められない現代の悲劇のスパイラルを暗示している。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

「項羽と劉邦」の楽しみ(8)李斯の死 

ダウンロード李斯


WOWOW 毎週土曜午前9:00(2話ずつ放送)

前207年、李斯は趙高の計略にかかり咸陽の市で腰斬の刑に処されました。

歴史上、丞相李斯の重き罪は

1.「焚書坑儒」の上申

2.「郡県制」の上申

3.始皇帝遺言書の偽造

といわれますが、

法家の李斯ならば「焚書坑儒」「郡県制」は皇帝専制確立の施策としてあり得ることでしょう。

ただ始皇帝遺言書の偽造は許されないでしょう。

結局、愚者胡外が二世皇帝となり秦の滅亡をはやめ、自身も一族郎党も死罪となりました。

それにしても腰斬の刑というのはむごいですね(痛そー)



Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

映画「キリングショット」新人監督アーロン・ハーヴェイへの期待 

imagesキリングショット


『キリング・ショット』(原題 :Catch.44)はグロテスクで不条理なB級映画です。


では観なければいいのですが、観て記憶に残しておいたほうがいいかもしれません。

それは新人監督アーロン・ハーヴェイがアメリカ映画ではめずらしいアート系こだわり監督のように見受けられるからです、青田買いで。

もちろんこのグロテスクな画面はクエンティン・タランティーノの「パルプフィクション」から。

赤い帽子の変なおじさんはヴィム・ヴェンダースの「パリテキサス」へのオマージュ。

パリテキサス


そしてリドリー・スコットの「テルマ&ルイーズ」を彷彿とさせる女性組。

したたかな脚本、音楽。

低予算のインディーズ映画でこれだけ見せればたいしたものです。


ダウンロードキリング

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

映画「キリングショット」新人監督アーロン・ハーヴェイへの期待 

imagesキリングショット


『キリング・ショット』(原題 :Catch.44)はグロテスクで不条理なB級映画です。


では観なければいいのですが、観て記憶に残しておいたほうがいいかもしれません。

それは新人監督アーロン・ハーヴェイがアメリカ映画ではめずらしいアート系こだわり監督のように見受けられるからです、青田買いで。

もちろんこのグロテスクな画面はクエンティン・タランティーノの「パルプフィクション」から。

赤い帽子の変なおじさんはヴィム・ヴェンダースの「パリテキサス」へのオマージュ。

パリテキサス


そしてリドリー・スコットの「テルマ&ルイーズ」を彷彿とさせる女性組。

したたかな脚本、音楽。

低予算のインディーズ映画でこれだけ見せればたいしたものです。


ダウンロードキリング

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

映画「キリングショット」新人監督アーロン・ハーヴェイへの期待 

imagesキリングショット


『キリング・ショット』(原題 :Catch.44)はグロテスクで不条理なB級映画です。


では観なければいいのですが、観て記憶に残しておいたほうがいいかもしれません。

それは新人監督アーロン・ハーヴェイがアメリカ映画ではめずらしいアート系こだわり監督のように見受けられるからです、青田買いで。

もちろんこのグロテスクな画面はクエンティン・タランティーノの「パルプフィクション」から。

赤い帽子の変なおじさんはヴィム・ヴェンダースの「パリテキサス」へのオマージュ。

パリテキサス


そしてリドリー・スコットの「テルマ&ルイーズ」を彷彿とさせる女性組。

したたかな脚本、音楽。

低予算のインディーズ映画でこれだけ見せればたいしたものです。


ダウンロードキリング

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。